Wonderful Days ~気の向くままに~

2010年10月

すっかり直前になってしまいましたが。 10月31日に川崎市産業振興会館4Fで開催されます、鉄娘でGO!に、サークル参加いたします。

今回はサークル名が【西東京SELECTION】名義となっております!
西東京電鐵さまとの合同スペースですが、当日の売り子に西東京電鐵・豊田電車区さまはおられません。
スペースNo.は2号車-4ABです。


おしながきですが……。

西東京電鐵さま側が既刊を新しいものを中心に送ってくれるそうです。
(ごめん。リスト聞いてくるの忘れた)

で、うちサイドですが。
鉄道系・擬人化系両方持って行きます。
とりあえず荷物に詰めたものをリストしておきます。実際に全部並ぶかどうかは非常に不明。
<鉄道・評論系>
・Rail Road Syndromeシリーズを1~5、7 (6は完売済)
・CHASE7
<鉄道擬人化>
・浜松トキメキ交通隊
・ぼくのあいどる
・LONG LONG AGO
・天は遠き海を喰らうか
・裸の王子様
<無配>
あかでんと天浜線のエトセトラ。Vol.6 ←NEW!!

……今回、配置スペースの都合上により、R18作品については頒布できません。
(該当作品:私の獏はどこにいる・Black Fork・とある二俣の緊縛遊戯)
持ち込みもしませんので、予めご了承下さい。

というわけで、今回、無配が新作になります。
で、実はこの後イベントラッシュに巻き込まれるので、もしかすると次の無配の切り替わりが擬人化王国か、冬コミかというところだったりします。
ご了承を。


あと、同日開催の杜の奇跡(仙台アエル)の、「西東京電鐵」さまスペースに、RRS7と裸の王子様を預けてあります。スペースはG-14だそうです。
お近くの方はお立ち寄りいただければ。

何を突然言い出すのだと言われそうなのですが。

先日大井川鉄道に乗りに行ったという話は書いたのですが。
井川線の駅のいくつかに、「たぬきのものがたり」というタイトルの物語が書かれた看板が立っていたのですね。各駅ごとに何話、何話となっておりまして、全7話。全部読むには、途中下車して読むか、車内から高機能カメラで一発勝負で写真撮影するかという、非常に難易度の高い物語となっております。
……うん。書籍にはなってないんだって。駅で読むしかないんだって。
当然、全部は読めませんでした。

大井川鉄道さんに教えていただいたので、一応どの駅に何話があるかは紹介しとく。

第1話  千頭駅
第2話  接岨峡温泉駅
第3話  アプトいちしろ駅
第4話  奥大井湖上駅
第5話  奥泉駅
第6話  井川駅
第7話  尾盛駅

……多分、最低限【井川線フリーきっぷ】を使って、1泊2日でないと、コンプリートは難しいんじゃないかなあ……。
(JRや車など、金谷・新金谷から来る人は「大井川・あぷとラインフリーきっぷ】の方がいいと思いますよ)

ネットの海をさまよっても、全話は読めなかったのですが。
辛うじて読めた数話の段階で、もう萌えた萌えた。

た ぬ き か わ い い !

そして、最終話でたぬきが実は井川線の人になったかも?的記述があったので、この腐った人は「井川線=たぬきっ子」で擬人化してしまいましたよ。

という、設定記事です。
まだメモ段階なので、ちょこちょこ変わるかもしれませんが。

たたむよ!

続きを読む

別々の記事にすべきだった気がするが、まとめて書きますよ。

土曜日はツイッターのフォロワーさんが募集していた、【大井川鐵道全線乗車ツアー】に参加してきました。
行ってみたら、実はうつたかクラスタオフ会だったというオチ。この人、何やってるんでしょう。
変なおばちゃん乱入で申し訳ありません……。

行きは金谷ー千頭間がSL。
客車は昭和10年~20年頃使用されていた木製の客車。
すっごい趣きのある、いい感じの客車に、大はしゃぎする女性集団7名。
車掌さんの沿線案内+生ハーモニカ演奏で盛り上がる車内。
駅弁も注文しまして、早速車販でビール買い出す何名か。
(自分はここまで車で着ていたということと、ビールが苦手なのでパスしました…)
車窓もいい感じ。
参加者の皆さん、「茶畑がすごーい!」と喜んでおりました。
そうか、茶畑って珍しいのか。
というわけで、あっという間に千頭到着。

ここで土産買っている間にみんなとはぐれるというトラップが発生しつつも(すみません…)、なんとか合流し、井川線へ。
井川線は奥泉までが代行バス。バスの車窓から見える「多分あれが崩落現場なんじゃない?」とか話しつつ、奥泉からは鉄道!

そこにいたのは、軽便だった(違。

いや、ほんとうに小さいんだよ。これでも、一応1067mmで大井川本線や東海道線とおんなじなんだって。
そして、牽引する機関車に「IKAWA」って書いてあって、それが中途半端にスペースあけられていたせいか、「ねえねえ、間に何が入るの?」とか言われてた…。
うん、井川線だから、いかわ(IKAWA)ね。大井川(OOIGAWA)の誤字脱字だと思われたらしい。

そして、アプト区間のため専用機関車が取り付けられまして。
連結に大はしゃぎする女子集団。

あとは、おしゃべりしながら、井川まで!

当初は井川で何かしようと思っていたらしいのですが、あまりの何もなさに(汗、計画変更。
折り返しの列車で長島ダムまで行き、そこから井川線旧線ツアー。


これが、秋の大肝試しツアーだった件について。

うん。旧線のトンネルを潜るんですよ。
ちゃんと遊歩道ってパンフに書いてあるんですよ。
トンネルの中に、照明がなんもないんですよ。
懐中電灯貸してくれるって書いてあったんですけど、だれもいない上に、懐中電灯なんてどこにもないんですよ!

教訓:シーズン外に気をつけろ!(夏の期間だけだったらしい…)

で。引き返すか進むか。

……そして、まさかこんなところでiPhoneアプリが役に立つとわ!(注:あいぽん自体は圏外でした)
懐中電灯アプリを入れておいたのですよ。カメラのフラッシュを懐中電灯替わりに使えるようになるって言うアプリ。
これだけでツアー強行。

進んでも進んでも、トンネルの先が見えない。
本当にこのトンネルはつながってるんだよな?
実は行き止まり?

しかもよりによって、懐中電灯が途中で消灯するし!もう1回タップするとすぐつくんだけど!
(理由が省電力モードになっていたというオチ)

無事、トンネルを抜けたとき、恋が生まれました(嘘
いや、もう怖かったですよ。
吊り橋効果とか言うけど、吊り橋の方がましだよ!

そして、このハイキングコース、所要時間60分って書いてあったのに、30分強でついてしまったという。
アプトいちしろ駅で1時間以上待ちぼうけって。

ともかく楽しかったです。参加者の皆さん、ありがとうございます!
あと、だれか井川線の駅に掲示してあった「タヌキものがたり」の画像データをください……。
自分のカメラ、全滅だった……。うわーん!



翌日は名古屋ライブに行ってまいりました。
会場についたら、外外周を取り囲む長い行列が出来ていて、「何のイベント?!ライブ客のワケが無い!」とかパニックになりましたが、どうやらAKB48の握手会があったようです。すげえなAKB48。
名古屋ライブにご参加いただきました皆さん、スペースにお立ち寄りいただきました皆さん、本当にありがとうございます。
名古屋ライブはなかなか参加めどが立たないのですが(主にスケジュール的な問題で)、また参加したいと思ってます。
ついでに、本命に参加された皆さんもお疲れ様でした。今回ファイナルってことで、1度は直接参加したかったなあ……。


さて、しばらく原稿缶詰の予定です。鉄娘前に一度浮上する予定。

実家から帰宅する直前に腰を痛め、やっと腰の痛みが治ったと思ったら、今度は原因不明の微熱に悩まされております、濱澤です。
誰か、健康な心身をください……マジで。

さてそれはともかく。
久々のイベント参加告知です。

10月17日の日曜日、ポートメッセなごやで開催されます、コミックライブin名古屋に参加します。
スペースNo.は【M44】です。
鉄道擬人化本全てと、CHASE、RRSなどの鉄道一般系を持って行きます。
新刊はありません。すみません。
無配本も、夏コミと同じものです。

名古屋ライブは…何年ぶりだ?
一般だと2年くらい前にあそびにいった記憶はあるのですが、サークルだとかなり昔だねえ。
というわけで、最近の名古屋の流行とかさっぱり分かってませんが、お近くの皆さん、よろしければ遊んでいただければと思います。

あと、同じ日、ウィンクあいちで開催されます本命9に、委託参加しております。
こっちには、鉄道擬人化の本(R18除く)とDQ4の本を送っております。
たぶん、DQ4の本をイベント売りするのは、今回が最後じゃないかな…?
(DQオンリーとか参加したいんですけど、どうにもこうにも日程調整がつかないので困っております)
(あと、DQ本の今後の新刊は、ちょっと難しいかもしれません。書きたい気持ちはあるんですけど、優先順位が低くなってまして…)
というわけで、こちらにも足を運んでいただければと思います。

さて、前日は大井川鐵道に女の子たちとキャッキャウフフしてまいります。
たのしみー。

追伸:ワイン列車参加表明の皆様へ>申し込みしました!1週間くらい前に再度メールします!

先週末、ちょっと用事がありまして、実家に帰っておりました。
そのついでにいろいろと用事を済ませてきまして。
地元の友人に冬コミ新刊用の資料を借りてきたり、中央図書館の郷土資料室にこもってきたり。

で、1つ前にチョコっと書いた、とあるネタも取材してきましたので。

【警告!】
この後、非常に痛い擬人化妄想が繰り広げられますので、免疫のない方は回れ右!




続きを読む

このページのトップヘ